FAQ

クリスチャンではないのですが教会での挙式は出来ますか?
弊社が手配する教会は信仰の有無を問いません。牧師様や教会スタッフはこころよりおふたりを祝福してくださいます。 法的な効力を伴わず、「おふたりを祝福する」と言う意味での儀式をブレッシング・ウェディング(Blessing Wedding)と呼びます。日本でご入籍を済まされたおふたりに対して行われるお式のスタイルがこちらです。
宗教にとらわれずに挙式を挙げられますか?
宗教にとらわれるずに行う挙式スタイルを人前式(Civil Ceremony)と呼びます。州の許可を受けているマリッジ・コミッショナーがこちらのお式を行います。
日本で入籍していないと結婚式は挙げられませんか?
リーガル・ウェディングの場合を除き、原則として日本で籍が入っていなければ結婚式を挙げることが出来ません。しかし、ご帰国後すぐに籍を入れることを前提に挙式を挙げることが出来る場合もございます。
リーガル・ウェディングについて教えてください。
法的効力のあるウェディングのことです。カナダの法律に沿って手続きを行うことにより、カナダ国でのおふたりの婚姻が認められ、日本の戸籍にカナダでの結婚式のお日にちが結婚した日付として記載、「カナダ○○州○○市で婚姻」という一文が記載されます。日本での入籍をしていないことが条件となります。
カナダでは同姓婚は可能なのでしょうか?
可能です。カナダは同姓婚を法律で認めた数少ない国のひとつであり、パートナー婚として一般的になっています。特にトロント、モントリオール、バンクーバーはカナダのGLBT(Gay、Lesbian、Bisexuality、Transgender)の主要3都市として知られており、世界各地からカナダでの結婚を望まれるカップルが沢山いらっしゃいます。
挙式予約はいつ頃すれば良いのでしょうか?
一般的には、お式の3ヶ月前~6ヶ月前にご予約いただきます。ただ、ウェディングシーズンの夏、人気の教会でのお式などを希望される方は、一年以上前からご予約を承っております。直前では1ヶ月前のお申し込みも承りますので、都度ご相談下さい。
ウエディング・パッケージとは何ですか?
弊社ではお客様のご希望を伺いながらコーディネートしていくオーダーメイドの挙式はもちろん、ウェディングに必要のものを組合せたお得なパッケージもご用意しております。 *参照:パッケージ内容
英語に自信がないのですが大丈夫でしょうか?
お客様とご相談の上、ご安心頂ける形での挙式を叶えます。日本語でお式を遂行して下さる牧師先生の手配や、”Yes, I do” や“I will”など、簡単な英語のみでの挙式、また介添えが通訳を兼任させていただきます。
ヘア&メイクを担当するのは日本人ですか?
日本人ヘア&メイクアップアーティストが担当します。現地の外国人アーティストにお願いすると、言葉の壁や 日本人の顔の造作・髪質に対する理解の点など、何かと不安がつきものです。経験豊富な日本人アーティストにお願いする事であなたの魅力を最大限に引き出し、最も美しいお姿で挙式に臨んでいただけます。挙式前に入念なお打ち合わせとリハーサルもございますので、どうぞご安心してお任せください。
エステサービスはありますか?
弊社が提携しているエステサロンへご案内いたします。結婚式は最も美しく輝いたお姿で迎えて頂きたいもの。挙式前のエステで花嫁のみなさまはみるみるお美しくなられます。一回集中コース、5~6回の連動コースがございますのでご相談下さい。もちろん新郎やブライドメイドの方もご利用いただけます。
バンクーバーの気候は?
夏秋は雨量も少なく爽やかで過ごしやすいのですが、11月~3月は雨が降りやすく不安定になります。7~8月は“パーフェクト・サマー”と言われる程に爽やかな青空が続きますが、朝晩は肌寒く感じることがありますので、長袖のカーディガンやジャケットなど羽織るもののご用意をお薦めします。冬は太平洋を流れる暖流のため、緯度が高いわりに雪はあまり降らず、気温もそれ程までには下がりません。また、紫外線が強いので日焼け止めやサングラスが必須となります。
挙式に関するチップについて教えてください。
アメリカ・カナダではチップの習慣がございます。各種サービスを受けた際、そのサービスにご満足いただいた場合にお渡しいただいております。 日本でいう「お心づけ」や「お礼」のような習慣とご理解いただければ幸いです。